TOP>組み合わせ

組み合わせ

食べ合わせ」という言葉がありますが、リーディングの中でも特定の食べ物の組み合わせを避けるようにとの助言が頻繁に出てきます。

■穀物食を二つ以上組み合わせてはいけない。
トウモロコシ、米、ジャガイモ、スパゲッティなど一度の食事でいっしょにとらない。 とりわけ好ましくないのがこの種の食事で肉をとることである。

■かんきつ類と穀物類をいっしょに食べてはならない。
かんきつ類は、それだけで食べた場合は、解毒剤として働くが、穀類といっしょに食べた場合は、胃の負担になってしまう。

■コーヒー、紅茶は、クリーム、ミルクをいれて飲んではならない

■カキは絶対にウィスキーといっしょに食べてはならない。たいていの胃には有害な科学反応を生ずる。

■デンプンと甘いものをいっしょにとってはならない。
肉とでんぷん質のものとの組み合わせも×

その他避けるべきとされたもの。

■脂肪の取りすぎ、脂肪を大量に使って調理した食べ物の摂りすぎを避ける。 脂肪ならどの肉でもおなじこと。
フライにしたものは決して食べてはならない。 ベーコンや脂身といっしょに調理した野菜も同じ。

■炭酸飲料は摂らない(汚水とさえ呼んだ)

■豚肉は食べてはならない
豚肉がもたらすカスの持つ特性によってポリープが生じ、筋肉や神経の結晶化を引き起こす。激痛、リューマチ、神経炎のかたちではじまる。

■生肉は避ける。 赤肉、よく火が通っていない消化の悪い肉は食べないように。

■精製された砂糖は避ける。 テンサイ糖・ハチミツをすすめている。

■緊張、疲労、激しく興奮しているときは食べてはならない。 このようなときは水かバターミルクを飲む。甘くした牛乳は×


 
■■■