TOP>その他の助言

その他、助言

    水:
  • 常に大量の水を食前、食後に飲む。
  • 起きがけにもコップ半杯から3/4杯の湯を飲む。
  • 人体から毒素を浄化してくれる。

    睡眠:
  • 大半のものは7.5〜8時間の睡眠をとるべきである。
  • 鎮静剤や睡眠薬は脳にとって破壊的影響力をもつ。
  • 不眠症の患者にコップ一杯の温かい牛乳にハチミツをいれて飲むようすすめている。
    喫煙:
  • ほどよい喫煙はそれを止めたときのストレスに比べればさほど有害ではない。
  • たばこも一日6〜8本ならよい。
複数の相談者に対して同じような回答がある
値段にしても環境にしても、喫煙者に対する風当たりは年々強くなる一方で健康のことを考えてもそろそろ禁煙をとお考えの方にとっては、救いの言葉かもしれませんね。
ただ、私もかつて喫煙していたのでわかりますが、
たばこを吸う人にとって本数を抑えるのは完全禁煙より難しいかも?
    酒:
  • ビールも強い酒も一切摂らぬこと。ワインは食物としてとるなら身体をつくるものとなる。黒パンをいっしょにとる。甘いものといっしょは×。
    心身の運動について。
  • 瞑想が一番。
  • 身体の運動なら歩くことが最良。規則的に時間をとり、毎日続ける。
  • 暖かい時期なら泳ぐ。

Q:直腸洗浄、エプソム塩(瀉利塩 シャリエン)入浴をすすめる?
A:「必要であるならばしかり。誰でも、温泉に入浴するだけではなく、ときどき、服用する必要がある。」

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
硫酸マグネシウム
エプソム塩

硫酸マグネシウムは、医薬品として便秘、低マグネシウム血症、子癇その他の治療薬等として使用される。農業の分野でも、溶解度の高さのために硫酸マグネシウムが肥料としてじゃがいも、トマト、バラ等の作物に使用されている。また、有機合成の分野では、無水物が乾燥剤として非常に汎用されている。

また、市販されている多くの入浴剤の有効成分は硫酸マグネシウムと炭酸水素ナトリウムである。硫酸マグネシウムには体を温める温浴効果があるので、冬用のものに特に多く配合されている。(抜粋)


 
■■■