TOP>食物の特性

食べ物のもつ特性

■ビタミン豊富
色が黄色い野菜、くだもの、桃、リンゴ、カボチャ、ニンジン、かんきつ類

■アーモンド
ガンになりやすい体質を防ぐ。
「一日一個のリンゴで医者要らず」の格言をもじり、
「一日一個のアーモンドはりんごよりはるかに医者要らず」といっている。

■豚肉がもたらすカスの持つ特性によってポリープが生じ、筋肉や神経の結晶化を引き起こす。激痛、リューマチ、神経炎のかたちではじまる。

■子牛の肝臓・胃・脳は造血作用あり。 が、鳥、子羊、魚のほうがもっとひんぱんにすすめられている。

■ほとんどの人間はレタスを大量に食べるべき、 血流を冒す様々な影響力の大部分を破壊する浄化者

■ニンジンの葉に近い部分は腎臓と目の視覚系の反応を刺激する。

■ジャガイモはあまり沢山食べずにもっと皮を食べよ。 ジャガイモの皮は人体の各種の腺に影響。体質を丈夫にする。

■リンゴダイエットを除いてはリンゴは火を通して食べるようすすめる。 解毒作用がある。

■ドレッシング 酢の使用を禁じたリーディングが少なからずあるが、リンゴ酢はすすめられている。油はリーディングでもすすめられているオリーブ油か、植物油を。

■ヨーグルト:
乳酸菌が繁殖し、悪玉菌の活動・繁殖を押さえる。

■トマト:
トマトは非常に良い。トマトからは他のいかなる野菜よりビタミンを得られるとしながらも 「適切に扱わないと人体にきわめて有害なものになることがある。 実が摘まれたあと熟した場合。」 品質がはるかに均質であるという理由で、「カン詰を食べたほうがよい唯一の野菜」としている。

■ゼラチンの入ったデザート類。大量に。砂糖が入っているがそれでも頻繁にとる必要がある。ビタミンの吸収を助ける


 
■■■